救急車の適正利用について

金武地区消防の救急出場状況

 平成29年の金武地区消防の救急出場件数は2241件と毎年増加傾向にあります。当管内においては救急病院が遠方にある地理的要因があり、人口1万人当たりの救急出場件数は県内で2位で、また全国的にみても軽症(入院の必要がない患者)で運ばれる件数が約60パーセント以上と比較的に多くなっております。
 今後、高齢化社会の進展や観光客の流動人口増加に起因する出動件数が増加すると予想され、当消防本部においては救急病院が遠く救急出場から帰署までの時間が1時間以上かかることから、救急を要する緊急的な方への対応が遅れる可能性が考えらます。
 大切な命を救うために救急車の適正利用をお願いします。

○定期的な通院等において、タクシー代わりに救急車を常用することは控えてください。
○救急車以外に搬送の手段がなく、緊急に医療機 関等に搬送しなければならない場合は、迷わず すぐに救急車を要請してください。




※救急車利用リーフレット(総務省消防庁)

 対象者
高齢者、成人、子を持つ親、家族、福祉施設の職員
内容
平成26年度に作成した「子供版」「成人版」だけでなく、救急車の利用者の多くが高齢者となっている現状を踏まえて、新たに「高齢者版」を作成しました。「救急車利用リーフレット(成人版)」をベースに、特に高齢者の場合に緊急性が高いと捉えるべき症状を検討・反映しました。
 用途
高齢者自身のほか、高齢者の家族、福祉施設等の職員等が利用することが想定されます。
付帯資料@、Aも自由に組み合わせて使用してください。


 救急車利用リーフレット(成人版) へのリンク

 救急車利用リーフレット(子供版)へのリンク


 救急車利用リーフレット(高齢者)へのリンク


 救急車利用リーフレット(付帯資料@)へのリンク

 救急車利用リーフレット(付帯資料A)へのリンク




救急受診ガイド(総務省消防庁)
 
 救急受診ガイド





バナースペース


救急講習会


小 児 救 急 電 話 相 談
子供の急な病気に困ったら
出典:沖縄県


総務省消防庁HPへ
Web 版


スマートフォン アプリ版


総務省消防庁HPへ
防災・危機管理が学べます

救急車の適正利用お願します





金武地区消防衛生組合